京都観光のすすめ

先日京都へ観光に行きましたが、京都の観光で注意しなければいけない点があります。

京都も広く端から端まで一日で行こうと思っても交通渋滞など時間的制限で行けないということです。

例えば、一番京都の南の方にある有名な観光施設が平等院鳳凰堂です。

これは京都市の南の市、宇治市に位置しており、平安時代に建立された10円玉に刻まれた平等院で有名です。

この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思えば。と歌った藤原道長の隆盛の時代、摂関政治の栄華を極めた頂点で父の道長の息子頼道によって建立された平等院ですが、寝殿造りにより建築技法でも有名です。

そんな南端の観光地に対して、北に位置するのが貴船神社でしょう。

平等院と貴船神社に行こうとすると、早く見積もっても2時間ぐらいはかかります。

後は京都の北西の方角にある金閣寺、それより西の嵐山とそれぞれの移動が、1時間ぐらいかかるため、なかなか一日で廻れないのです。

ゆったりと日本の風情を味わいたいならば・・・

京都市内で一番早い交通手段がバイクなのでしょうが、それでも相当な行き来をしなければいけないのです。

名刹古刹と呼ばれるものは山の麓にあり、京都は盆地によって形成されています。
ですので、東西南北それぞれの山の麓に名刹古刹があります。

移動は京都中心の盆地を右往左往することになるので、伏見稲荷と金閣寺と平等院と清水寺も行くといった計画プランでは、1日ではとても回れないのです。

お勧めするのは2ヶ所ぐらいを1日で周るというプランで、2~3日滞在することをお勧めいたします。

京都に旅をする目的はゆっくりと日本の風情を味わうということが目的ではないでしょうか。

喧騒とした毎日から解放されることを目的とするので、折角でしたらゆっくりとした旅プランをすることをお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です